五箇山 〜小さな世界遺産の村〜 The World Heritage -The Historic Village of Gokayama-
English Web Page
このサイトについて
ホームページへ

トップページ > 五箇山ものがたり > 五箇山の民謡


五箇山の民謡

五箇山の風土にはぐくまれた形のない宝物

 

 「五箇山は民謡の宝庫」と言われ、いつの頃誰がうたい始めたものなのか、どこから来てどのように広がっていったのか定かでないものがたくさんあります。五箇山の民謡は口頭伝承によって受け継がれ、風土とともに発展してきた文化遺産です。もっとも代表的な「こきりこ節」や「麦や節」は無形文化財に指定され、うたい踊り続けることによって守られ、時代を越えて五箇山に息づいていきます。
 
 また、五箇山独特の「まいまい」は、祭礼の日や盆などに若者が集まり、男女交互に並んで手をつないで、互いに問いかけるような唄をうたいながら踊りました。肩やかかとを触れ合わせながら円を描いて踊るそれは、日本最古のフォークダンスと言われています。まいまいで結ばれる男女も少なくなかったようです。代表的な民謡は「といちんさ」や「お小夜節」などです。

【受け継がれる民謡】